交通事故に関する知っておくべき事

事故車のオークションと走行性能に関すること

弁護士に任せるのが一番近年では、成年が1人に1台車を所有している時代です。

それだけ便利な世の中になったという事ですが、
車を運転する際には当然、交通事故に気をつける必要があります。

もちろん、細心の注意を払っているのでしょうが、 やはり
それでも交通事故を起こしてしまう事はあります。

厳しい訓練などを受けて資格をとった電車や飛行機などのプロとは違い、
あくまでも素人が全て管理をしているライセンスであるという以上、やはり
実に様々なタイプの人がいるため、その分交通事故などのアクシデントが
起こる確率も高くなります。

それは交通事故が起こったあとも同様で、知識の無い者同士が平和的な解決を
しようと思うと、ほとんど不可能に近い話かも知れません。

交通事故がぐっと減る?先進運転支援システム(ADAS)について

先進運転支援システム(ADAS)とは、自動車のドライバーが安全・快適に運転し、
事故などを減らすためのシステムのことです。

これを自動車に取り入れることで、車の安全性や道路交通の安全性が高められます。
そのため、車載エレクトロニクス分野で最も急成長を遂げている分野の1つで、
自動車の機能安全についての国際規格などに採用されることも増えてきています。

ADASは衝突や事故などの危険をドライバーに警告をすることによって、
もしくは自動車の制御を自動車自体が代わりに行うことによって
事前に事故を防ぐように設計されています。

最近CMでよく聞く自動ブレーキ制御や、死角にある人や物を察知する機能などもこのシステムの1つです。

ADASは搭載されたカメラやレーダー、画像処理、車載ネットワークなど
複数の情報だけでなく、他の車両や携帯電話、Wi-fiなどからも情報を得ており、
自分だけでなく他のドライバーや歩行者にとっても安全な運転環境を作り出しています。

ADASは自動運転の先駆けになるとして、注目を浴びています。
ADASがさらに進歩し、それが普及することで交通事故を減らすことに繋がります。

人身事故を起こしてしまった場合


対物事故であればその損壊費用を弁償すれば良いのでしょうが、
これが人身事故であれば話は別です。

もしも、交通事故のうち人身事故を引き起こしてしまった場合には、
直ぐに弁護士の方に相談を依頼しましょう。

事故車

そして、自分自身と弁護士、被害者の方と綿密な話し合いを行う事が必要です。
両者が納得できるような補償を行うためにも、弁護士の協力は必要不可欠です。

補償は基本的には、金銭で行う事になります。

それが慰謝料と呼ばれるのでしょうが、慰謝料の相場としては、おおよそ被害者の
方の完治までの治療費に加えて、その期間に得られるはずだった給料、さらには
精神的な慰謝料も加算されるでしょうから、相場としては1000~2000万円、
少なくとも500万円は必要です。

万が一の交通事故に備えるためにも、民間の保険会社に加入しておく事を
お勧めします。

慰謝料