交通事故に関する知っておくべき事

立て替え払い

弁護士に任せるのが一番交通事故の被害はその時だけのものではありません。
あとになってから後遺症に悩まされるケースも少なくないのです。

しかし交通事故の被害に遭った時は、特約でもつけていない限り
自分で相手方の保険会社の担当者と交渉しなければなりません。

その結果、納得のいかない和解額を受け入れざるを得ない状況になることもあり、
適正な賠償を受けられないままになってしまうこともあるのです。

このような事態を避けるためには、弁護士に依頼して相手方の保険会社と交渉してもらうのが有効な方法となります。

後遺症

しかし弁護士に依頼するとなると高額な費用がかかりますので、それがネックとなって利用できないと
いう人もたくさんいます。

お金の心配

そこで便利なのが民事法律扶助という制度です。

この制度は弁護士費用の立て替え払いをしてもらえるというもので、費用はあとから分割払いを
すればいいので、お金が心配な人も安心して弁護士を利用することができます。

民事法律扶助を利用するためには、まず法テラスの無料相談を受けなければいけません。

この無料相談は一定の資力条件を満たしている必要がありますので、まずはホームページから
条件を確認してみましょう。                                        

愛称は法テラス|日本司法支援センターは何を行っている?

法テラスという名前をニュースなどで聞いたことがある人は多いと思いますが、
実際にどんな業務を行っているのでしょうか。

正式名称は日本司法支援センターという名前で、総合法律支援法という
法律に基づいて設立された独立行政法人の枠組みに従い、
政府が2006年4月10日に設立した法務省所管の法人です。

主な業務内容は夫婦などの男女間トラブル、職場でのトラブルなど
身近な法的トラブル解決のための適切な相談窓口の紹介・無料法律相談・
経済的に余裕のない人などへの費用支援などです。

平日と土曜日の電話相談に対応しているほか、メールの場合は24時間対応しています。

北は北海道の旭川、南は沖縄まで地方事務所もあり、実際出向いて法律相談を受けることも出来ます。
法テラスの公式サイトでは各種法律の悩みでよくある問い合わせ一覧も確認出来ます。

自分の悩みと同じものに対する解決策が記述されている場合もありますので
ここも確認してみると良いでしょう。