交通事故に関する知っておくべき事

段階によって調書は請求可能

弁護士に任せるのが一番交通事故 弁護士なら、条件はあるものの警察の調書を閲覧することが可能です。
まず調書には事故現場の状況を警察がまとめた実況見分調書があります。

このほかに加害者と被害者、目撃者の供述をまとめた供述調書があります。
この内容を見ることで、過失の割合や言い分に間違いがないかのチェックができます。

書類の種類

警察の調書は捜査の段階のある時には交通事故 弁護士でも取り寄せたり閲覧はできません。
しかし、不起訴処分が決定した後、公判になっとき、判決が出た後なら
閲覧や取り寄せが可能です。

ただ、各段階で見ることができる範囲や請求方法は異なります。
この辺りの処理は交通事故に精通している弁護士なら、熟知しているので
確実に処理をして中身をチェックしてくれます。

もし、弁護士に示談交渉の依頼や裁判をするなら、まずは調書の中身を確認して
見解や意見を一致させておくことが重要です。

実況見分調書をみれば過失も判断できるだけの情報が詰まっています。

慰謝料を妥当な金額にするための証拠になる調書

交通事故に遭ってしまうと、さまざまな支障が出てきます。
それを補償してもらうことは権利ですが、加害者、もしくはその保険会社は
できるだけ慰謝料も低く抑えたいのが本音です。

そこで、妥当な金額にするために、過失をはっきりさせるデータや情報が重要です。

その1つが警察の調書です。
事故現場の状況には相手を発見した地点やブレーキを踏んだ地点、
いつどのようにハンドルを切ったのかなども記されています。


これを知ることで交通事故の過失度合いや悪質度が判断できます。
被害者に過失がないことや、過失が小さいことの判断材料になります。

判断材料
交通事故 弁護士は、これらの判断できるだけの知識や経験が豊富にあります。
根拠を伴った説明が可能なので、調書に記された情報から
妥当な慰謝料に引き上げるだけの手腕があります。


素人だと調書の見方から、読み解くことも難しいですから、交通事故のプロフェッショナルである
弁護士に力を貸してもらうことが重要です。